小型ビデオカメラを購入するなら
「小型ビデオカメラ専門通販」

小型ビデオカメラの使い方(ビジネスシーン)

小型ビデオカメラは、ビジネスシーンでどんな使い方ができるのでしょうか?

クチコミなどの情報を参考にしてみました。

<会議の記録に>
議事録の書き起こし素材として使えるほか、音声映像そのものを議事録とすることもできます。

<商談の記録に>
重要な商談のお供として重宝します。
後々「あの時あんなことを言った」なんていうことのないように。

<セミナーなどイベントの記録に>
会社で開催した顧客向けセミナーや取引先向けセミナーの映像を簡単に記録できます。
その映像を会社のホームページにアップしてPRすることができます。
また、映像自体をセミナーDVDなど商品化して販売することも可能になります。
さらに、従来の設置型ビデオカメラに比べて簡単に持って移動ができるので、定位置からの映像だけでなく、たとえば発言者を接写することもでき、映像にダイナミズムが生まれます。

ビジネスシーンにマッチする小型カメラとしては、
・ペン型…スーツやシャツの胸ポケットに差しておけます。
・腕時計型…商談しながら腕を組めば被写体も撮れます。
・キーレス型…机の近くにさりげなく置いておけます。
・ライター型…録音のためだけにポケットに忍ばせておくことも。
・ガム型…ポケットに入れるか、近くの机に置いて撮影するなど。
といったタイプが考えられます。
posted by 小型ビデオカメラマン at 17:19 | 小型ビデオカメラの使い道(ビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。