小型ビデオカメラを購入するなら
「小型ビデオカメラ専門通販」

小型ビデオカメラの使い方(レジャー)

今回は、小型ビデオカメラは、レジャーシーンでどんな使い方ができるのか?を、クチコミなどの情報を参考にして考えてみました。

<思い出の保存に>
家族旅行、仲間での旅行の際に、かさばらないデジカメとして携行することができます。
しかもキーレスタイプなら車のキーホルダーに付けておけばどこに行くときも忘れることもありません。
撮影も簡単!

<スポーツ観戦に>
携帯のように撮影している画像を確認しながら撮ることはできませんが、長い映像を撮ることができます。
しかも携帯のバッテリーがなくなって困ることもありません。

<スキューバダイビングなどマリンスポーツで>
防水タイプの腕時計型カメラなら、30m〜最高100mまでの深度で水中撮影も可能。
もう今までのようにデジカメにハウジングケースを施す必要はありません。
水中で気兼ねなく撮影することができます。

レジャーにマッチする小型カメラとしては、
・ペン型…ビジネスシーンではないですが、胸ポケットに差したままで手ぶら撮影が可能というメリットが!
・腕時計型…いつでもどこでもすぐに撮影できます。シャッターチャンスを逃しません。
・キーレス型…被写体に向けるのが非常に簡単なので、どこでも使えます。
・ライター型…バーベキューのテーブルなどに置いて固定撮影が可能。
・ガム型…ライター型に同じ。
といったタイプが考えられます。

レジャーの場合は、隠密に撮影しなければならない状況というのはあまりないと思いますが、小さいお子さんなどは、普通のカメラを向けるとそっぽを向いたり、逆に近づいてきてしまったりするので、小型カメラは重宝するのではないでしょうか。
posted by 小型ビデオカメラマン at 18:12 | 小型ビデオカメラの使い道(レジャー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。