小型ビデオカメラを購入するなら
「小型ビデオカメラ専門通販」

小型ビデオカメラで撮影した動画の画質を決定するものは?

自分が通販で購入したキーレス型カメラと、知人が中国で買ってきてくれたキーレス型ビデオカメラで、再生動画の画質に明らかな差を見たわけですが、この差はいったい何が原因なのか?


私が想像のつく限りで考えられる原因は、以下のようなものです。

1.通販で購入したキーレス型ビデオカメラの動画画素数の公称数値が偽りである。

2.通販で購入したキーレス型ビデオカメラのフレームレート(単位FPSで表される1秒間当たりの撮影コマ数)の公称数値が偽りである。

3.再生するプレーヤー(WINDOWS MEDIA PLAYER)との相性

4.その他の理由


1.通販で購入したキーレス型ビデオカメラの動画画素数の公称数値が偽りである。

画素数はそのまま画面の大きさになりますが、今回のキーレス型ビデオカメラで言えば、プレーヤーでの再生時には、私の19インチのモニターがちょうど埋まるくらいの大きさの映像が再生されましたので、公称画素数1280×960は正しいと思われます。


2.通販で購入したキーレス型ビデオカメラのフレームレート(単位FPSで表される1秒間当たりの撮影コマ数)の公称数値が偽りである。

フレームレートの検証は、私自身が知識とスキルを現時点では持ち合わせていないため、正直確認できていません。この点については、情報が取れ次第検証してまたご紹介したいと思います。


3.再生するプレーヤー(WINDOWS MEDIA PLAYER)との相性

動画の再生はキーレス型ビデオカメラから直接やったわけではなく、一旦PCのフォルダに落としたデータで行いましたので、もし相性が悪いとすれば、そのデータのフォーマットの仕方か保存の仕方が悪いのかもしれませんが、この点についても現時点で私の知識不足によりまだ確実な検証はできていません。


4.その他の理由
実は、小型ビデオカメラで撮影したデータをPCに保存して、YOUTUBEにアップする作業をしていたときに気づいたことなのですが、今回比較した2つのキーレス型ビデオカメラで撮影したファイルに関して、あるとんでもないことに気がついたんです。それは、PC上ではっきりと数値で違いを確認できるものでした。そして、その数値は2つに間でなんと6倍も違っていたのです! もちろんきれいな動画を取れている<B>のほうが高い数値でした。
それに気がついてから、私は夢中でそのキーワードをネットで調べました。
そして、私が気がついたそれが原因であることがほぼ確定的であることを知りました。
なおかつ、その数値の項目については、キーレス型のみならず、どの小型ビデオカメラの商品スペックにも記載されていないことを知ったのです。


次回は、私が気づいた、小型ビデオカメラの動画のきれいさを決定付ける項目について紹介してみたいと思います。
posted by 小型ビデオカメラマン at 03:23 | 失敗しない小型ビデオカメラ選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小型ビデオカメラの取扱説明書

小型ビデオカメラの情報を、日々様々なサイトで見ています。

で、一つ気がついたことがあります。

これって結構大きなポイントじゃないかと思うんですが…

通販サイトやオークションサイトなど、ネット上で販売されている小型ビデオカメラの商品には、ほとんど

“日本語の説明書が付いていない"

んです。

取扱説明書が付いている場合でも、英語か中国語

え〜っ!

ということは、購入者は英語か日本語の辞書片手(もしくはYahoo!辞書で調べながら)使用するということでしょうか(汗)?

私が買ったキーレス型ビデオカメラには日本語の説明書が付いていたので、あまり意識していませんでした。

しかし、あまりにも日本語の取説が付いてないものが多いので驚きました。

小型ビデオカメラの作りをシンプルにする目的なのでしょうが、小型カメラは、結構「1つのボタンを長押ししたり短押ししたりする操作」が多いですし、

撮影中はランプが光らないので、ランプが消えているときが「電源が切れている」のか、「撮影中」なのかが、はっきり言って分からないんですよねー。

そういう意味では、使用の際に、日本語の説明書がないと結構きついんじゃないかなーと思います。
(そのマニュアル自体が正しく書かれているかどうかはまた別の問題ですが…)

YOUTUBEで同じタイプのキーレスを調べれば、使い方分かるかなーということもいろいろ探ってみたのですが、製品自体はコピー天国中国のご多聞にもれずそっくりにできているのですが、使い方がビミョーに違うんですよね(汗)。

しかもメーカーは中国なので、電話するわけにも行きませんし。

販売店はほとんど代理店なので、説明書については関知していないことが多いのではないかと思います。

小型ビデオカメラを見るときには、どうしても動画の画素数やフレームレート、メモリに目が行ってしまいますが、

実際の使用上のことも視野に入れて、取扱説明書などのポイントも見落とさずに賢く選びましょう。
posted by 小型ビデオカメラマン at 23:40 | 失敗しない小型ビデオカメラ選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。